協会について

~講師・作家の夢を応援~

 

仕事や介護・子育てで忙しい毎日だけど、少し空いた時間を何かに集中して気持ちに潤いをもちたい。
とんぼ玉や彫金・ステンドグラスなど、これまでのスキルを活かしながら、何か新しいことを始めたい。

そんな人たちが、ここに集まっています。

イタリアのミクロモザイク

~目新しくも、蓄積されたお手本の数々~

 

イタリアの協会壁画、ヴァチカン発祥の技術、グランドツアー時代の超絶技巧、ヴィクトリアン・ジュエリー、そして2~30年前日本で最もイタリア旅行が流行していた時代お土産屋さんに並んでいたいろとりどりのブローチやピルケース。

 

昔のお手本が豊かで、「作りたい」デザインがどんどん湧いてきます。

「イタリア・ミクロモザイクの歴史」もっと詳しく→

日本独自のハンドメイドに

~とんぼ玉の技術でより身近な手工芸に~

 

 

協会理事なかの雅章は、20年以上の経験をもつとんぼ玉作家。ムッリーネと呼ばれる金太郎飴のような細工をガラスでつくる技術を追求してきました。

ある方との出会いがきっかけで、今持つ技術がミクロモザイクに活かせると、2011年に研究をスタート。日本国内で技術者や書籍を調べたのですが、最初は作っている人も、詳しい技法が書かれた日本の書籍も全く見つけることができませんでした。

イタリアや英語の文献を研究したり、壊れたアンティークを分解したり、見よう見まねで作品作りをスタート。それでもわからないことが色々あったので、イタリアに渡り、最初は職人を探すところから始めました。職人の技は簡単に全てを教えてもらえるものではありませんでしたが、持参したムッリーネの作品を糸口に多くの職人さんに受け入れていただき、日本のミクロモザイクの基礎ができました。
そして、紀元前から始まるイタリアのモザイク・ガラスの技術への探求はこれからも続きます。

日本でもっと身近に、もっと気軽に、時にはじっくり時間をかけて。
イタリアの文化や歴史も学びながら、奥深く学べるハンドメイド。
そんなところを目指して、活動しています。

2011 研究をスタート。
2012 にローマに職人探しの旅へ
2014 教室スタート
2017 講師養成講座スタート
2019 日本ミクロモザイク協会設立

会員について

・入会は「講師養成講座を修了した方のみ」。

・養成講座を修了したのちご希望の方は、年間登録(年会費15,000円)で入会いただけます。

・講師、作家など目的はさまざまですが、日々発展するミクロモザイクの情報をキャッチしたい方々が集まります。

・外に活動を広げたい会員は、講師登録(無料)することで、このHP等での告知や、協会に来た講師依頼の紹介など受けられます。

入会・会員について詳しく→

 

協会本部

 

MasaNakano代表理事 なかの雅章

「とんぼ玉とミクロモザイク海津屋」代表

 

理事 中野とっと

「とんぼ玉とミクロモザイク海津屋」スタッフ

会社名協会名  一般社団法人日本ミクロモザイク協会
創立2018年11月
設立2019年7月
代表理事代表理事 なかの雅章
活動内容1、ミクロモザイク制作協会運営
2、ミクロモザイク制作についての技能・資格の認定
3、ミクロモザイク制作講座の提供
4、イベント参加
5、講師活動のための講座
6、講師活動支援
その他
連絡先一般社団法人 日本ミクロモザイク協会 本部
(とんぼ玉とミクロモザイク海津屋内)
〒114-0001 東京都北区東十条4-7-18-2F
TEL 03-3927-2217(10:00-17:00)
E‐mail cadoro@ab.auone-net.jp

※会員になるための「講師養成講座」の受講については、「講師一覧」より直接講師へお問い合わせください。